うつ病の症状が重く、悩んでいる人は申請をしましょう

サイトメニュー

患者を支援する制度

悩む女性

制度の利用には基準があります

何をやっても面白くない、人と会うのが面倒になるなどの感情の変化は、誰もが経験するものです。そのような時は好きな音楽や映画を楽しむなど趣味に没頭すれば、数日で回復する人が殆どです。しかし中にはストレスを上手に解消できずにいる人も少なくありません。慢性的なストレス状態を長期間放置すれば、限界点に達してうつ病を発症します。憂うつな気分や頭痛などの身体的な症状が2週間以上続いたら、うつ病を疑いましょう。しかしうつ病患者の中には、心身の変化に気が付かないまま症状を悪化させてしまう人も多いです。うつ病は適切な治療を受ければ、短期間で完治できる病気ですが、再発する可能性が高い病気でもあります。できるだけ早い段階で専門医の診察を受けることが必要です。そしてうつ病の治療は抗うつ剤などによる薬物療法が中心となりますが、必要に応じて心理療法も行われます。薬の効果を実感できるまでには、約1週間から2週間程かかるので途中で止めてはいけません。さらに症状が消失したからといって自分の判断だけで量や回数を減らすと、効果を得られなくなったり副作用が強まることがあります。もし症状の変化があれば、その都度主治医に伝えましょう。そして治療期間が長引くようであれば、各種支援制度の利用を検討することが必要です。特にうつ病障害年金を受けられる可能性のある人は、早めに申請しておくのが得策です。障害年金は手足などの障害だけが受給対象ではありません。実際に日常生活や仕事に影響が出ている人なら、うつ病障害年金請求して受給できる可能性があります。この制度を利用するには、医師の診断書の提出など一定の基準を満たしていることが必要となりますが、認められれば経済的な不安から解放されるので、積極的に申請しましょう。

うつ病患者の数は年々増え続けているにも関わらず、適切な治療を受けていない人が大勢います。そのような人の中には自分が病気であることを認めたがらない人や周囲に気遣うことで言い出せない人が含まれています。まずは家族や身近な人が、うつ病患者が治療に専念できる環境づくりを心がけなければなりません。そしてうつ病障害年金はうつ病を患う人の生活をサポートしてくれる心強い制度の1つです。このうつ病障害年金という制度は、各自治体が基準を設けていて認定されるかどうかの判断にバラツキがあるものでした。審査の結果、同じ症状でも住んでいる地域により受給されないケースもあったのです。しかしガイドラインの導入と全国一括での審査を実施することで、今までのような地域格差は解消されるようになりました。一般的に年間60万円から70万円位の支給額となりますが、中には何年か遡りが認定され、高額な金額を受給できるケースも珍しくはありません。そして全て書類審査となるので、提出する書類の作成が大変重要になってきます。最も重要なのが医師により作成された診断書です。どの等級に当てはまるかは、この診断書の内容が大きく左右してくるからです。どれだけ詳しく現在の状況を書いてくれるかは、主治医との信頼関係が大きく影響してくるので、日頃からコミュ二ケーションの取りやすい医師の治療を受けたほうが有利かもしれません。そしてその次に重要なのが病歴・就労状況等申立書です。これは医師によるものではなく、実際に困っていることについて自分で伝えられる唯一の書類です。この申立書には、うつ病であることが原因で起きたエピソードなど加えると、より鮮明に症状が伝わります。

Copyright© 2019 うつ病の症状が重く、悩んでいる人は申請をしましょう All Rights Reserved.